コンシーラーのランキングで商品選びを効率化

女性

肌の変化に気づいたら

化粧品を持つ女の人

お肌の曲がり角

以前は、25歳がお肌の曲がり角と言われていました。しかしより良いケアが紹介されている現代では、それを実感するのは30代になってからが多いとされています。30代になると、多くの女性が今までにない肌の変化に気づきだします。たとえば、それまであまりなかったシミやソバカスが増えてきたり、肌がくすんで疲れたように見える、毛穴が開いてくる、目元に小じわができているといった小さな衰えが現れてくるのです。こうしたサインが現れたら、これまでのケアではすでに物足りなくなっている証拠で注意が必要です。まずは一刻も早く、スキンケアの要である基礎化粧品を替えることがおすすめです。ここで自分に合った基礎化粧品を使用することで、今後さらに大きなお肌の曲がり角が訪れる40代以降の変化に対応することができ、年令による衰えをくい止めることが可能になると言われています。

まず必要なのは潤い

30代の肌で最も特徴的とされるのが乾燥です。20代の肌に比べて30代の肌は、明らかに水分が不足してきます。これは、肌の水分保持力が20代をピークに衰えてしまうからなのです。そこでこの水分保持力を補うために、保湿効果の高い基礎化粧品が必要です。保湿に良いとされる成分はいくつかありますが、中でも最も効果が高いとされるのがセラミドです。セラミドは元々真皮にあり水分を蓄える役目がありますが、年齢とともに減少するため、これを補うことが乾燥に打ち勝つ決め手になるのです。これらの保湿とともに必要とされるのが肌の栄養です。この肌の栄養といわれているのが、柔軟性やハリの素となるコラーゲンです。コラーゲンも年齢とともに減少していくため、ハリを失いシワやたるみが現れてしまいます。こうしたことから、これを補うためにコラーゲンが配合された基礎化粧品を使用する人もいますが、実はこのような基礎化粧品に配合されたものは保湿には向きますが肌内部のコラーゲンを増やすことはできないのです。コラーゲンを生成するにはビタミンCが必要であることから、肌内部に浸透しやすいビタミンC誘導体がおすすめとされています。